歯医者の種類を理解しよう|事前のチェックがカギ

医療器具
このエントリーをはてなブックマークに追加

審美歯科で行なう治療内容

歯科

歯の色が黄ばんでいる・歯の形がいびつといったコンプレックスを持っている人は少なくありません。実は歯科には歯の見た目の美しさを取り戻す、または手に入れるための治療を行える専門の歯科があるのです。審美歯科といって、主に歯のホワイトニング治療やインプラント治療を行います。歯の黄ばみというのは、紅茶やコーヒーの色が着色してしまったりたばこのヤニが歯に付いたりすることが原因といわれています。こうした歯の着色汚れは、歯の表面を綺麗にするクリーニングでは完全に落とすことができません。ホワイトニングでは、クリーニングで落としきれなかった歯に浸透した汚れを漂白することで歯を白くすることができるのです。審美歯科で行なうホワイトニング治療では、審美歯科で行なうオフィスホワイトニングと自分でするホームホワイトニングがあります。この両方を一緒にすることで、ホワイトニングしたあとに歯が再び黄ばむのを予防することができます。また、歯の明度を上げることも可能です。最近のホワイトニング治療は歯を削る必要がなくなったので、安心して歯を白くすることができます。他にもオールセラミッククラウン治療で歯を美しく見せる方法があります。この治療では歯の周りを削って、セラミックで作ったクラウンという被せものを装着します。通常の歯科治療で使用される保険適用内の被せものだとだんだん変色してしまうという欠点があります。オールセラミッククラウンでは変色することがないですし、見た目も普通の歯と変わらないので他の人に気づかれる心配もありません。他にも審美歯科で行なう治療は色々ありますが、ほとんどが保険適用外なので自費治療になります。しかし、コンプレックスを解消することで自分に自信が持てるようになるので、やって損はないのではないでしょうか。